人間理解・インサイト実践アカデミー 〜人は理論ではなく「心」で動く〜 / 実践型カリキュラム / インサイトの権威が徹底伝授 / 参加者の心を磨くワークショップ

マーケティングの核「インサイト」を学ぶ超実践的プログラム
人は理論でなく「心」で動く

悩む男性
こんな悩みありませんか?
  • アンケート調査などはやっているが、人(お客様)が本当に求めていることを的確に捉えられているのかわからない
  • データ分析だけでは見えない、人間の深層心理の部分を深掘りしたい
  • インサイトを理解した上で、マーケティング戦略を実行しているが、成果が出ていない

MERIT受講メリット

お問い合わせ

資料のダウンロード・
本塾に関するお問い合わせはこちらから

RECOMMENDED FORこんな人におすすめ

ABOUT本塾について

【本塾について】 5%:顕在意識(ニーズ)、95%:潜在意識(インサイト) / 95%の消費行動は潜在意識(インサイト)が決める

市場に商品があふれる現代、生活者が抱えるニーズは既に掘り尽くされ、表立っては問題を抱えていないと言われています。実際、人は驚くほど、論理的な行動をとってません。お気に入りの商品を購入する時に自分で買う理由があると思い込んでいても、実際は心の奥底にある「何か(インサイト)」が影響しています。

そして、この人間の行動に大きな影響を及ぼす「何か」は、従来のマーケティング手法では見つけることができません。本人が自覚している理由や欲求、感情でなく、本人すら気づかない深層心理を見抜き、そこを手掛かりにお客様の心の周波数に合わせる。その結果、お客様の心を動かすマーケティング戦略が実現するのです。つまり、マーケティングの成功は「インサイト理解」にかかっていると言っても過言ではありません。

そこで「人間理解・インサイト実践アカデミー」では、インサイトのスペシャリストである講師陣のもと、「インサイト理解」を進めるために必要な考え方から、具体的な発掘、活用方法までインサイトに特化した実践プログラムを提供します。

 

お問い合わせ

資料のダウンロード・
本塾に関するお問い合わせはこちらから

CURRICULUM
カリキュラム

【DAY1】6月25日(土) 15:00 〜 18:00講師:富永 朋信氏

人間理解とインサイト
  • 人間理解とは?
  • 人間の態度変容を理解する
     -人は意味づけをして、緩く概念化し、意味を持って名前をつける
     -人は相対的な判断、恣意的な判断を行う生き物
     -メンタルモデルをもって人を知覚する
  • マーケターの固定観念に縛られるもの、マーケターが陥りがちな思考

※ワークショップあり

【DAY2】7月2日(土) 15:00 〜 18:00講師:大松 孝弘氏

インサイトのWHY/WHAT/HOWの基礎

<WHY> なぜインサイトなのか?~インサイト理解が不十分だと何がいけないのか~

  • インサイトを捉えていないと起きる不都合な事象の紹介
  • 世の中や消費者の変化とインサイト理解

<WHAT> インサイトとは何か?~本当のインサイトと偽りのインサイトの違い~

  • インサイトの目的に照らして理解する
  • ニーズとの違いで理解する

<HOW> インサイトの捉え方は?~影も形もないインサイトをどのように捉えればよいのか~

  • 商品や市場を離れて人間を見に行く
  • デビル”と“エンジェル”の欲望の狭間を理解する

※ワークショップあり

【DAY3】7月16日(土) 15:00 〜 18:00講師:鹿毛 康司氏、富永 朋信氏

本当のインサイトを見つけ出す実践法
  • 受講者による事前課題に対するインサイトの発表
  • 鹿毛氏、富永氏による事前課題に対するアイデアフラッシュ
  • インサイトの本質を理解し、インサイトを導き出す

※ワークショップあり

OVERVIEW開催概要

日程
  • 第1回:6月25日(土) 15時-18時(講師:富永氏)
    第2回:7月2日(土) 15時-18時(講師:大松氏)
    第3回:7月16日(土) 15時-18時(講師:鹿毛氏、富永氏)
スケジュール 全3回(一回あたり3時間)
  • 第1回:人間理解とインサイト
  • 第2回:インサイトのWHY/WHAT/HOWの基礎
  • 第3回:本当のインサイトを見つけ出す実践法
料金 1名:100,000円(税込 110,000円)
受講スタイル オフライン
定員 25名
お申込みはこちら 無料体験セミナー参加
お申込みはこちら
資料のダウンロード・
本塾に関するお問い合わせはこちらから

PROFILEプロフィール

富永 朋信氏

富永 朋信

イトーヨーカ堂顧問/Preferred Networks執行役員 最高マーケティング責任者

早稲田大学法学部卒業。University of Virginia, Darden school of business, The executive program修了。
日本コカ・コーラなど9社でマーケティング業務を歴任。うち、西友、ドミノ・ピザジャパン、Preferred Networksなど直近4社では最高マーケティング責任者を拝命。
マーケティングの核=人間理解という考え方に基づき、企業でマーケティングを実践する傍ら、アドバイザリーとしてブランド戦略、コミュニケーション設計、人事研修の設計実施など多岐にわたる業務を行う。
政府系機関のオフィシャル広報アドバイザー(厚生労働省年金広報検討委員、内閣府など)多数。
マーケター・オブ・ザ・イヤー審査員、日経クロストレンド アドバイザリーボード、日経COMEMOキーオピニオンリーダー、マーケターキャリア協会理事などマーケティング系団体・カンファレンスのアドバイザリーボード、議長などを多数拝命。
著書に行動経済学をベースに個人が幸福を設計する戦略を論じた「幸せをつかむ戦略」(日経BP社 ダンアリエリー との共著)、「広報DX」(宣伝会議社 安倍内閣全世代型社会保障に関する広報の在り方会議 構成員共著)、デジタル時代の商品企画(翔泳社)

受講をご検討の皆さまへ

「STPって何?」「ブランド構築って何?」といった問いへの答えは、世の中にたくさんある書籍や勉強会が与えてくれます。しかし定義や意味を理解することと、業務で自在に使えるようになることは、全く違います。後者の状態に到達するには「マーケティングのWhy」、すなわち何故STPが大事なのか、と言った解像度でこれらの概念を腹落ちさせる必要があります。そのために、人間にはどんな性質があり、認知形成や意思決定はどのようになされるのか、を出発点にマーケティングを再考していくのが本講座です。骨太に、根源的にマーケティングを学びたいと思われる向きは、ぜひご参加ください!

鹿毛 康司氏

鹿毛 康司

かげこうじ事務所代表/マーケター、クリエイティブディレクター

2020年、エステー株式会社クリエイティブディレクター(役員)を退任して現在にいたる。
早稲田大学商学部卒、ドレクセル大学MBA。
現在はエステー、森永乳業、保険会社、塾会社など様々な企業のマーケティングとクリエイティブの支援をおこなっている。
同時にグロービス経営大学院(MBA)教授として社会人学生にマーケティングを指導。
2021年には著書「心がわかるとモノが売れる」で、マーケティングに必要なインサイトと人間理解論を実務家の視点で発表した。
マーケティング立案、特に時代に新しいコンテンツマーケティングやファンマーケティングも得意とする。
クリエイターとしてもCMプランナー/監督/コピーライター/作詞作曲などもこなす。
2011年の東日本大震災直後に手がけた「消臭力CM」は好感度日本1位を獲得)。ACC Gold、マーケターオブザイヤー(MCEI)、WEB人貢献賞など受賞。

受講をご検討の皆さまへ

マーケティングになくてはならないものはデータ分析!お天気アプリで服を選びgoogle mapで効率良く目的地に到着する。
相手の好きな料理を下調べしてもてなす。相手のニーズに沿って口説く。ところがなかなか相手の心が雪解けしないことがある。
そんな時、心を動かすマーケティングが必要だけれど、簡単な手法が実はない。人間理解アカデミーでは実務家が最も必要な『そこ』を習得するコースです。

大松孝弘氏

大松孝弘

株式会社デコム/代表取締役社長

大手広告会社を経て、2002年デコムを創業。インサイトやアイデア開発支援に関する著書、講演は、海外も含め多数。
2006年に国内初となるインサイトリサーチの専門書を執筆し、海外でも翻訳される。
近著にAmazonでベストセラーとなった「『欲しい』の本質 ~人を動かす隠れた心理『インサイト』の見つけ方~ 」など。
株式会社デコムは、「世界中の人々の声なき声をカタチにする」というパーパスを掲げ、現在19期目を迎え常に日本のインサイトリサーチをリードし続けている。

受講をご検討の皆さまへ

私がインサイトリサーチを生業とするデコムを創業して、20年近くが経とうとしています。
さまざまな企業を支援させて頂いてきましたが、この世界は底なし沼のように奥が深い。
行動経済学、認知科学、脳科学、心理学、文化人類学、ナッジ、人間中心設計、デザイン思考、アカウントプランニング、データサイエンス・・・
一筋縄ではいかない、消費者インサイトや人間理解に基づくマーケティングですが、私が体系化してきた考え方や実践方法をできるだけシンプルにお伝えしたいと思います。
富永さん、鹿毛さんという最高の講師陣とディスカッションしながら、プログラムを練り上げています。ご期待ください。